海外fxのndd口座の特長

国内と海外のfx業者を比較した場合、最大の相違点となるのが「取引方式」の違いです。fx業者の取引方式には「DD方式」と「ndd方式」の2つがあり、国内のfx業者は一般的に「DD方式」を採用しています。一方で海外のfx業者は「ndd方式」を導入しているのが一般的です。2つの取引方式にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

「DD方式」のDDとはディーリングデスクの略称で、トレーダーとインターバンクの間にディーラーが介在する取引方式のことです。トレーダーが取引するのはディーラー=fx会社となり、この取引を「OTC取引(店頭取引)」とも言います。トレーダーの注文をfx会社がアルゴリズムなどに応じて金融機関に流し、トレーダーの負けがかさむほど、fx会社の利益は増えていくことになります。

DD方式による取引には、スプレットを極端に狭くし、それを安定的に提供できるというメリットがあります。一方で、DD方式での取引では、fx会社とカバー先となる金融機関の価格レートは同期しておらず、業者はあくまで自分たちにとって最善と思われる価格レートを提示しているに過ぎません。時間帯によってリスク軽減のためにスプレッドを広げたり、fx会社に不利な約定を弾くといったことも実際行われており、トレーダーから見た場合、不透明な価格レートを提示されることになります。

ndd方式による取引におけるfx会社は、あくまでトレーダーとインターバンクをつなぐ役回り以上のものではありません。ndd取引では、fx会社はカバー先として契約した金融機関の価格レートの中から最良の売値(BID)と買値(ASK)を探し、スプレット(利益)を上乗せしてトレーダーに価格レートを提示することになります。トレーダーの取引量が多くなるほど会社の利益が増えるので、価格レートの透明性が高くなります。

ndd形式では、トレーダーの取引が増すほどfx会社の利益も増すため、不利な約定が発生しにくいことが大きなメリットになります。DD方式では、トレーダーと会社の利益は相反関係にありますが、ndd方式の場合は両者の利益の方向性が一致しているので、スキャルピングや自動売買といったことが問題なく行うことができます。

一方、DD方式と違いndd方式ではディーラーやアルゴリズムの介在がないことから、スプレットの動向が不安定となり、拡張と収縮を繰り返すことになります。そのため、DD方式と比較して安定的な取引は困難になります。

DD方式とndd方式を比較した場合、どうしても透明性の面からDD方式にはネガティブな印象がありますが、なおDD方式を取る国内fx業者を利用する人が多いのは、ひとえにDD方式における世界でもトップクラスのスプレットの狭さにその理由があります。日本のfx会社には米ドル円のスプレット設定が0.3pipsというところが珍しくありません。海外のfx会社では米ドル円1pipを下回るところはほとんどなく、その差は歴然としています。日本人の場合、スプレットの狭さを重視する見方が根強いことから、海外でndd方式がスタンダードになっている現状にあっても、国内業者を選択する人も多いわけです。

また、スプレットの幅が安定しているのがDD方式の利点です。業者のディーラーやアルゴリズムが介在しないndd方式での取引はどうしても安定性に欠くことから、初心者には難易度が高いとも言えます。多くの海外fx業者が日本語対応をしていますが、言語面での不安があることも、海外fxのndd方式の取引に切り替えることをためらわせる要因になっていることも確かです。

スプレットの狭さと取引の安定性を取りたいと思う人は国内fx会社のDD方式を、取引の透明性に重きを置きたい場合はndd方式の海外fx会社を利用すると良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*