海外FXの基本

海外fxのndd口座の特長

国内と海外のfx業者を比較した場合、最大の相違点となるのが「取引方式」の違いです。fx業者の取引方式には「DD方式」と「ndd方式」の2つがあり、国内のfx業者は一般的に「DD方式」を採用しています。一方で海外のfx業者は「ndd方式」を導入しているのが一般的です。2つの取引方式にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

「DD方式」のDDとはディーリングデスクの略称で、トレーダーとインターバンクの間にディーラーが介在する取引方式のことです。トレーダーが取引するのはディーラー=fx会社となり、この取引を「OTC取引(店頭取引)」とも言います。トレーダーの注文をfx会社がアルゴリズムなどに応じて金融機関に流し、トレーダーの負けがかさむほど、fx会社の利益は増えていくことになります。

DD方式による取引には、スプレットを極端に狭くし、それを安定的に提供できるというメリットがあります。一方で、DD方式での取引では、fx会社とカバー先となる金融機関の価格レートは同期しておらず、業者はあくまで自分たちにとって最善と思われる価格レートを提示しているに過ぎません。時間帯によってリスク軽減のためにスプレッドを広げたり、fx会社に不利な約定を弾くといったことも実際行われており、トレーダーから見た場合、不透明な価格レートを提示されることになります。

ndd方式による取引におけるfx会社は、あくまでトレーダーとインターバンクをつなぐ役回り以上のものではありません。ndd取引では、fx会社はカバー先として契約した金融機関の価格レートの中から最良の売値(BID)と買値(ASK)を探し、スプレット(利益)を上乗せしてトレーダーに価格レートを提示することになります。トレーダーの取引量が多くなるほど会社の利益が増えるので、価格レートの透明性が高くなります。

ndd形式では、トレーダーの取引が増すほどfx会社の利益も増すため、不利な約定が発生しにくいことが大きなメリットになります。DD方式では、トレーダーと会社の利益は相反関係にありますが、ndd方式の場合は両者の利益の方向性が一致しているので、スキャルピングや自動売買といったことが問題なく行うことができます。

一方、DD方式と違いndd方式ではディーラーやアルゴリズムの介在がないことから、スプレットの動向が不安定となり、拡張と収縮を繰り返すことになります。そのため、DD方式と比較して安定的な取引は困難になります。

DD方式とndd方式を比較した場合、どうしても透明性の面からDD方式にはネガティブな印象がありますが、なおDD方式を取る国内fx業者を利用する人が多いのは、ひとえにDD方式における世界でもトップクラスのスプレットの狭さにその理由があります。日本のfx会社には米ドル円のスプレット設定が0.3pipsというところが珍しくありません。海外のfx会社では米ドル円1pipを下回るところはほとんどなく、その差は歴然としています。日本人の場合、スプレットの狭さを重視する見方が根強いことから、海外でndd方式がスタンダードになっている現状にあっても、国内業者を選択する人も多いわけです。

また、スプレットの幅が安定しているのがDD方式の利点です。業者のディーラーやアルゴリズムが介在しないndd方式での取引はどうしても安定性に欠くことから、初心者には難易度が高いとも言えます。多くの海外fx業者が日本語対応をしていますが、言語面での不安があることも、海外fxのndd方式の取引に切り替えることをためらわせる要因になっていることも確かです。

スプレットの狭さと取引の安定性を取りたいと思う人は国内fx会社のDD方式を、取引の透明性に重きを置きたい場合はndd方式の海外fx会社を利用すると良いでしょう。

海外fx業者を決める際のスプレッドってなに?

海外fx業者を選ぶ際に一つの基準となるのがスプレッド幅です。取引のしやすさとスピード、そしてコストにも関係することですので、できるだけいろいろな業者間で比較してより良いところを見極めたいところです。そのためにも、スプレッドの基本と国内業者と海外業者の違いを理解しておくことが大事です。

そもそもスプレッドとは、注文を出して取引が完了した時に生じる、売値と買値の差のことを指します。この値段の差を利用してfx会社は利益を出しているわけです。スプレッドはトレーダーにとっては手数料となりますので、スプレッドというのは売買コストとして考えることもできます。そのため、取引をする際にはできるだけスプレッド幅が小さいものの方が、手数料が小さいということになってコストは下がります。スプレッドはfx会社が決定することとなりますので、それぞれの会社で違いが出てきます。

全体的に見ると、海外fxの方が国内業者よりもスプレッド幅が広い傾向にあります。その差はどのようにしてスプレッド幅を決めるかという基準に違いがあります。日本国内の業者の場合は、ほとんど固定スプレッド方式を採っていて、いつも同じ幅で注文を受け付けています。一方で海外業者の場合は、変動スプレッド、つまり市場によってその差が変わっていくという仕組みを採っています。

これだけを見ると、国内業者の方がスプレッド幅が狭くて固定されているんだからずっといいと思えるかもしれません。しかし、一概にはそう言えないのです。というのも、売値と買値の違いがそのままfx会社の手数料となるわけですので、これが少ないと会社の利益が得られなくなってしまいます。そのため、スプレッド幅が狭い会社は、それとは別に手数料を徴収していることが多いのです。1回ごとの取引で〇パーセントというように、手数料が産出され自動的に引かれていきます。こうなると、スプレッド幅が狭いと言っても、事実上は手数料が結構かさばってそれほどお得にはならないことになります。

一方で海外fxの場合は、スプレッド幅が国内業者に比べると広いものの、手数料が無料となっているケースが多い傾向にあります。こうした口座のことをSTPと呼んでいます。STP口座を使うメリットとしては、取引の際にすでにスプレッドによってすでに手数料が徴収されるという形になりますので、取引によって得られた差額がそのまま利益となり計算がしやすいという点です。一方で、スプレッド幅が狭いものの別途手数料がかかる場合、計算を別にしないといけなくなります。というのも、注文で出した価格通りに利益が出るわけではなく、別に手数料分が数パーセント取られてしまうからです。

こうしたことから、スプレッド幅が狭いから取引がお得にできるとは単純には言えないのです。スプレッド幅が広いけれども手数料がかからない業者の方が、トータルで見ると安く取引できることも少なくありません。そのため、単純にスプレッド幅だけを見るのではなく、手数料がかかるかどうかも一緒に見るようにしましょう。その点、海外fxの場合はSTP口座、つまり手数料無料となっているところが多いので比較がしやすく、純粋にスプレッド幅だけの比較で済みます。

といっても、海外fx業者は変動制を採用していますので、最小スプレッドだけで他社と比較することはできません。常に数値は変動しますので、最小が0.1しかないとしていても、平均値は1.3になってしまうということもあります。それで、スプレッドの平均値を比較することが重要となります。信頼できる業者であればどこでも平均値を出していますので、その数値だけを見るようにして、あまり最小値には注目しないようにしましょう。そうすることで、実際の取引におけるスプレッドを確認できます。